« 一般 : 休暇 | トップページ | Mtg : プラアル大会・・・? »

映画 : パーシージャクソン

とりあえず、かなり前に見てきた。

みんなで行くか・・・的な事も言っていたが

 

うん。

見に行かなくて正解だったね(*^-^)

 

期待してる人には悪いが、批判ばっかりになるので、失礼。

 ネタバレするよ(笑)

 

まず、役者がひどい

演技が下手なのか間の取り方が悪いのか見ていて緊迫感や臨場感が役者の演技から感じられない。

CGだから何も無い所に向かって会話したり、ハリボテ相手に演技してるだろうから仕方ないのかもしれないが、そこはやっぱり素人でもダメだろう。

ストーリーに重みがなくなってしまう。

 

 

急に力を付けた主人公(それまではただの人)。実は強かった・・・・は、中2設定だよね

主人公の母親を助けるため光の玉を3つ見つける・・・な話なんだが

光の玉がある一つ一つの場所は遠いはずなのに、カメラの場面切り替えで済ませてしまう編集が物語をB級テイストにしている。

玉のある場所に行く
          敵が居る
             力あわせ倒す
1つ目の光の玉GET!
          車乗る
             走り出す
               目的地到着
                    敵が居る・・・・・単調の一言

前後編でもいいからもっと細かく描いて欲しかった。

 

3つの玉GET  

母親を救出するも脱出するためにはその玉が必要

主人公、ヒロイン、友達、母親・・・・・全員助かるには4つ必要だった。

主人公「そんな!せっかく助けたのに!」
友達 「ここは俺が残る!」
主人公「それはダメだ!俺が残る!」
友達 「いやいや、ここはキミの守護者である俺が残るべきさ」
主人公「・・・・・・・・・・・・そうか、すまない。」

決断、早!

もう少し葛藤とか苦悩とか出来たでしょ。ここが映画の見せ場じゃないの?

結局、友達残して主人公、ヒロイン、母親の3人が帰還

自分としては、未来有る若い世代にって言って母親が残るイメージだったんだが

友達より母親を取るのか主人公・・・・

 

そして、悪との対決

悪の力の前では無力なのか・・・・倒される主人公

しかし、目覚める才能

主人公はポセイドンの子・・・・水を操れる!

目覚めたばっかの力でいきなり超必が使える主人公

そして悪は滅びるのです。

 

劇中で各々が誰かしらの神話の子で、足が馬だったり、戦いの女神だったりするが、能力を使用したのは主人公タダ一人・・・・・これこそ中2設定。

 

 

と、散々コケ下ろしてきたが興味がある方は

見ても良いんじゃない・・・・

見ても良い・・・・

見て・・・・

うん、見なくていいよ。

 

評価もめんどくさいのでしない

期待が本当に高かったからターミネーター4くらい面白くなかった。

 

以上(笑)

  

« 一般 : 休暇 | トップページ | Mtg : プラアル大会・・・? »

コメント

B級臭いと踏んでいましたが…
まさかその通りとは…

デミゴッドとかいう売り文句(?)に騙されなくて良かったですw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一般 : 休暇 | トップページ | Mtg : プラアル大会・・・? »